News

慶洋エンジニアリング、居眠りキーパーひとみちゃん

メーカー名商品名
慶洋エンジニアリング居眠りキーパーひとみちゃん

アラーム音とLEDランプで居眠り運転に注意喚起

5789

 ドライブや遠出を計画する人が多いこの季節、最も注意したいのが、ふとした気の緩みが引き起こす居眠り運転だ。
 保険の窓口インズウェブの調査によると、車を運転する人(有効回答961人)の32.8%が「居眠りやボーっとした状態での走行(漫然走行)で、事故と紙一重のヒヤリとした経験がある」と回答した。居眠り運転による交通事故は、全く減速しないで衝突したり歩行者を巻き込むなど重大な事故になるケースが多く、最も注意が必要だ。
 そこでお勧めなのが、慶洋エンジニアリング(東京都港区)の「居眠りキーパーひとみちゃん」。ドライバーの顔の動きや目の状態を感知し、警告アラームと3色LEDで注意を喚起してくれる。
 運転者の瞳をリアルタイムで感知する高性能アルゴリズムと、スマホなどに採用されているCMOSイメージセンサーを搭載。目を0.4秒~1秒閉じていると赤色のLED表示とアラームで警告し、目を閉じていたり視線が下がったままの状態が続くと、大音量ブザーで警告してくれる。また、3秒以上わき見運転すると青色のLED表示が赤色になり、アラームで警告。赤外線LEDの採用により、夜間やサングラス着用時にも対応する。
 本体サイズは92×24×46センチとコンパクトで、底のテープをはがして張り付け、シガーソケットから電源を取るだけで簡単に設置が完了する。希望小売価格(税抜)は2万4500円。