News

DMG森精機、伊賀に大型5軸加工機2台導入

加工時間を約49%削減

5793

 DMG森精機(森雅彦社長)は10月30日、三重県伊賀市内の同社伊賀事業所に最新鋭の大型5軸加工機「DMC340FD」2台を導入したと発表した。
 同機は、グループ会社である独「DMG MORI AKTIENGESELLSCHAFT」のフロンテン工場で生産しているパレットチェンジャ付大型5軸加工機。ダイレクトドライブ技術を搭載した最高回転速度毎分120回転のターニングテーブルを搭載し、旋削とミーリングの複合加工が可能となるため、「5面加工機と立形旋盤を使用して別々に加工していたワークを工程集約し、DMC340FD1台で完成でき、生産性を大幅に向上する」(同社)としている。
 テーブルサイズはφ2500mm、最大積載質量6000kg、最大加工径φ3400mm、最大加工高さ1650mmで、主軸最高回転速度は毎分1万2000回転、最大出力52kW、最大トルク430Nm主軸を搭載。航空機部品や船舶部品、工作機械ベッドなどの大物ワークを高能率に加工する。また、主軸最高回転速度同6300回転、最大出力44kW、最大トルク1550Nmのギヤボックス主軸ユニット「5X-torqueMASTER」も搭載可能。機械構造には、高剛性3点支持一体型ベッドを採用。「静的精度の経年劣化を抑制するため、5面加工機特有の煩雑なジャッキ調整作業頻度を削減、作業者の負担を軽減する」(同社)等の特長を備えている。
 伊賀事業所ではすでに5面加工機を使用しているが、同社によると「カバー無し設計で切りくずや折損した工具刃先が飛散する懸念に加え、アタッチメント主軸では構造上、最高回転速度の制約もあった」と説明する。
 導入した5軸加工機は、フルコンプリートカバー設計のため、安全面を向上。セラミック工具を用いての高速主軸による鋳物の高速加工が可能で、実切削時間を短縮するという。さらに、「傾斜ミーリングヘッドのため、タッチメント交換が不要で、毎分X軸60・Y軸30・Z軸40mの早送り速度による高速工具交換と合わせ、非切削時間を大幅に短縮。機械性能向上と非切削時間の短縮により、従来の5面加工機と比べ、トータルの加工時間を約49 %削減できた」としている。
 なお、日本国内で「DMC340FD」稼働しているのは伊賀事業所のみで、同社では、設備機であると同時に、高能率・高精度加工を確認できる展示機としても活用する計画だ。

(写真=DMC340FD)