News

ダイキン工業、設備業者向けの営業支援ツール

CAD連動でデータを一元管理

 ダイキン工業(十河政則社長兼CEO)は設備CADと連動して物件ごとの設備図や必要部材、顧客情報などのデータを一元管理し、帳票作成などの業務を効率化する営業支援ツール「FILDER PROPP_uni」を10月1日から発売した。
 同社の設備CAD「FILDER Cube(フィルダーキューブ)」と連動し、設備図だけでなく、納期や顧客情報、引き合い関連情報など、物件ごとの様々なデータを一元管理する。見積書や仕様書など、営業活動に必要な帳票作成の際に、登録したデータの中から関連データを選別して引用することができ、大幅な業務効率化につながる。
 同社によると、「帳票作成機能付きデータベースを独自で開発する場合に比べて、導入コストを約3分の1に抑えることができる。OS更新時の対応などに必要な維持コストも安価に抑えることができる」という。
 製品・エリア・更新時期など様々な切り口で物件を分析し、営業戦略の立案に活用可能。また、データベースを社内ネットワークで共有することで、拠点や部門をまたいだデータ活用もできる。
 定価(税込)は本体が540万円で、クライアントのライセンス価格(税込)は32万4000円。