News

アマダマシンツール、プロファイル研削盤にLED仕様

メーカー名商品名
アマダマシンツールオプティカルプロファイル研削盤GLSシリーズ
587

 アマダマシンツール(末岡愼弘社長)は、オプティカルプロファイル研削盤GLSシリーズに、LED仕様機を加えこのほど新発売した。6月5日からアマダ土岐事業所(岐阜県土岐市)で開催した「プレス・金型部品加工ソリューション展in土岐2014」で公開した。
 GLSシリーズでは従来、投影機の光源にハロゲンランプを使用していたが、これを高輝度LEDに置換し、新製品「GSL−LED」として発売した。LEDへの単なる変更だけでなく、LED光源を機外に設置し、光ファイバーで機内に光を取り込むという独自の方式(特許出願中)により、本体フレームの熱によるひずみを従来機の約50%へ抑えることに成功した。加工品質と精度の向上に貢献する。またランプ切れによるランプの交換工数や、加工修正工数が削減でき、「使用条件により異なるが、生産性はおよそ10%以上向上する」という。年間のランプ代だけでもハロゲンランプと比べ約7万円低減できる。
 GLSシリーズは国内外で累計約3400台を販売したベストセラーマシン。同社ではユーザー保有のハロゲンランプ仕様機をLED仕様に改造するレトロフィットサービスも行う。
 「GSL−LED」の価格は2390万円からで、海外含め初年度150台の販売目標。