News

三菱電機、大型ファイバーレーザー加工機

メーカー名商品名
三菱電機ファイバーレーザー加工機「ML6030XL-F40」

電力消費6割減、軟鋼25mmまで最適化

5884

 三菱電機は大型のファイバーレーザー加工機「ML6030XL-F40」(定格レーザー出力4キロワット)を11月12日に発売した。発振効率に優れたファイバーレーザー発振器の採用と独自の高効率サーボモーター、インバーター制御冷却装置などの搭載で、消費電力を同社の炭酸ガスレーザー加工機に比べ約60%削減した。
 板厚25mmまでの軟鋼切断への最適化で、炭酸ガスレーザー加工機と同等の切断面粗さとテーパーを実現。同時に板厚25㍉の軟鋼ピアシング時間を最大50%短縮する。加工前後の段取りに優れたオートパレットチェンジャーと安全カバー内部を確認できる4台のカメラを標準装備し、安全カバー外から操作しやすい。ストロークX6600・Y3200・Z150mmで、位置決め精度0.05mm/500mm(X、Y軸)。年産10台を見込む。オプションでストッカシステム、マーキング装置などを用意し自動化に対応する。