News

シナノケンシ、小型軽量の組込み型サーボドライバ

メーカー名商品名
シナノケンシサーボドライバ「DDB33Tシリーズ」

ロボットの機能向上に貢献

5887

 シナノケンシ(長野県上田市上丸子1078、TEL.0268-41-1885)は大幅に小型・軽量化した組み込み型サーボドライバ「DDB33Tシリーズ」を開発した。10月の「関西機械要素技術展」につづき来月開かれる「国際ロボット展」に出品し、来年1月にカスタム製品として発売する予定。
 多層基板やスタック構造の採用で、従来DDB-38Tシリーズに対し同等の出力を維持しながら体積で40%、重量で15%低減した。ロボットなどへの採用で製品機能の向上に貢献する。サイズは幅90×奥行58×高さ22mm。