News

ベッセル、2段構造で衝撃緩和するビット

メーカー名商品名
ベッセルサキスボトーションビットシリーズ

跳ね、刃先折れも防止

595

 ベッセル(大阪市東成区)は、ネジがあ着座するまでのかすかな振動や負荷も吸収するビットを開発した。首部とトーション部で衝撃を緩和する「サキスボトーションビットシリーズ」として、6月から発売している。 高トルクの電動インパクトドライバーに使用する先端工具で、ねじ山が入り込むときや木目を通過する瞬間の振動を緩和する。首部が小さくねじれてビットの跳ねを防ぎ、大きくねじれるトーション部が刃先の折れを防止する「ダブル効果」(企画開発部)を売りにする。 ダクト、サイディングなどのドリルネジ作業をはじめ、根太打ち、コンパネ取り付け、プラグレスビスにも対応。各種リフォーム向けのロングサイズも用意している。 狭い場所での作業に便利な細軸タイプ「段付サキスボビット」(マグネット入り)は、首部のクッション効果で木目を通過する瞬間の跳ねを防止。ラインナップとして、機械、オートバイ、自動車の整備に多く使われているヘックス、TORX、ボールポイントを取り揃えたほか、強力にネジを保持するネジマグキャッチャー付のビットも製品化した。