News

三菱電機、電極消耗抑える形彫放電加工機

メーカー名商品名
三菱電機形彫放電加工機EA−PSシリーズ「EA12PS」

光沢仕上げから高速荒加工まで

5997

 三菱電機は形彫放電加工機EA-PSシリーズの新製品として、自動車部品の金型加工に向く「EA12PS」を11月25日に発売した。世界市場向けハイグレードモデルとして同社名古屋製作所で、中国市場向けは中国の三菱電機大連機器有限公司で生産する。
 搭載する電極消耗を抑える電源制御「IDPM」はこれまでのグラファイト系電極を使った加工だけでなく、銅電極での加工にも適用範囲を広げたのが特長。ジャンプ制御は毎分25㍍の高速移動を1.6Gの高加速度で実現し、加工速度は最大40%向上。最大で毎分4.5g(グラファイト電極・鋼材加工)の高速荒加工もこなす。また新開発の電源により面粗さは業界最小のRa0.05ミクロン(NP2回路使用時)で、光沢仕上機能も付けた。環境温度を可視化して熱変位を最小限に抑えるなどして±3ミクロンのピッチ加工精度を保証する。
 軸移動量X400・Y300・Z300mm。標準価格は税別1650万円で、2016年度に200台の販売を目指す。