News

三菱マテリアル、刃先交換式の難削材用ラジアスカッタ

メーカー名商品名
三菱マテリアル難削材加工用ラジアスカッタ「ARPシリーズ」

最高クラスの振れ精度

6006

 三菱マテリアル(加工事業カンパニー=東京都墨田区横網1-6-1、TEL.03-5819-8770)は刃先交換式の難削材加工用ラジアスカッタ「ARPシリーズ」(ボディ36型番、インサート36型番)を12月1日に発売した。スクリューオン式としては最高クラスの振れ精度によりチタン合金、耐熱合金、ステンレス鋼の加工時に発生しやすい異常損傷を低減する。
 広い着座面と2カ所の回転止めによりインサートが切削時に回転するのを抑制。研磨級インサート搭載時の従来品との比較では正面振れを4分の1に低減した。ブレーカは汎用(M)、刃先強化(R)、切れ味重視(L)の3タイプを規格化。標準価格はボディ3万9500円から、インサート800円から。