News

三菱日立ツール、1千℃に耐える漆黒エンドミル

メーカー名商品名
三菱日立ツールセラミックエンドミルコーナRタイプ

超耐熱合金の荒加工向け

6016

 刃先温度1000℃以上にも耐えられる窒化ケイ素セラミックス製の6枚刃ラジアスエンドミル「セラミックエンドミルコーナRタイプ」を三菱日立ツールが10月21日に発売した。漆黒のエンドミルは従来の切削速度を大幅に上回る高速切削(毎分400~1000m)が可能で、超耐熱合金の高能率荒加工をターゲットとする。
 航空機や発電分野では近年、燃焼効率を高めるため操業(燃焼)温度が高温化し、超耐熱合金の需要も増加傾向にある。インコネル718に代表されるこの分野の高能率加工を睨み、刃径6~12mmの4サイズを受注生産で用意した。年間販売2500万円を見込む。