News

コロナ、エコフィールをモデルチェンジ

メーカー名商品名
コロナ高効率石油給湯機「エコフィールEF・EGシリーズ」

保証期間、5年に大幅延長

6022

 コロナ(内田力社長)は、高効率石油給湯機「エコフィールEF・EGシリーズ」24機種をモデルチェンジし、12月下旬から順次発売する。
 同時にエコフィール全シリーズについて「保証期間を通常の1年から安心の5年に延長する」と発表した。
 モデルチェンジ24機種のうち、EGシリーズ6機種には節水・省エネ機能をつけた。人が不快に感じない範囲で給湯量やふろ湯量を抑え、このダブルの節水機能により、水道代と灯油代をあわせ一年間で約1万1600円の節約が可能になるという(同社従来機との比較)。さらにフルオートタイプだと(1)省エネ湯はり、(2)省エネ保温、(3)給湯温度ひかえめ、(4)ふろ温度ひかえめの4つの省エネ設定機能(EF・EGともに搭載)の利用により灯油使用量をさらに抑制、合計で1万4800円前後の節約が可能という。
 従来機比最大4割減の低消費電力(UKB︱EFタイプ)も特長。
 「エコフィール」は、約200度の排熱を再利用することで給湯効率を大幅に向上させる石油給湯機。同社は、新たな省エネ機能と保証期間の大幅延長でいっそう拡販を目指す。
 モデルチェンジ24機種は「フルオート」、「オート」、「給湯+追いだき」、「給湯専用」の4つのタイプからなる。税別価格で給湯専用タイプが27万1500円から。最上位のフルオートタイプは41万6000円~46万4000円。