トピックス

アマダミヤチ、パルスTIG溶接機で新製品

インターネプコンで披露

amada アマダミヤチ(辻岡寿康社長)は、1月13日から3日間にわたり東京ビッグサイトで開催されたインターネプコンジャパン2016で、新製品のパルスTIG溶接システム「MAWA-300A/MAWA-050A」を展示、銅バスバーの溶接を実演した。
 厚い銅板を溶接するのに向く。トーチを離すタッチスタート方式を採用したのが特長で、(1)ノイズが従来と比べ大幅に低減、(2)狙いどころの確実性が増す、(3)ワークの高さがバラバラでも溶接が可能という点をメリットとして引き出している。また回転軸も持ち要望にあわせたユーザーカスタマイズも可能。
 営業については、「最大出力電流を調節する機能もあり、車の電装部品のような厚い物だけでなく、スマートフォンの電子部品など薄い物の加工までオールマイティにこなせることを訴求点として販売していきたい」としている。本製品は昨秋より発売した。