News

ソディック、射出成形機を拡充

メーカー名商品名
ソディック射出成形機

中型・高付加価値対応で新2機種

6288

 ソディック(金子雄二社長)は、射出成形機の新製品として中型・高付加価値製品への対応を進めた「TR220EH3」(型締力2156kN)と「同300EH3」(同2940KN)の販売活動を始めた。
 昨秋発売の2機種(型締力3430、2156KN)に続く中型製品対応の新2機種。これにより220トンから450トンまで計4機種で、ラインアップを完成させた。
 自動車機構部品を主要ターゲットとする。自動車機構部品は金属から樹脂化へ移行が進んでおり、その大きさも大型化している。そのあたりから来る需要を睨みながら「複雑な意匠形状で肉厚深物の中型成形品において高い歩留まりを実現する」(同社)を最大の特長として開発した。可塑化工程と射出工程を分業化し安定した計量・射出を実現する独自の「V-LINE方式」や、「電動ハイブリッド直圧型締装置」、「リニアサーボ駆動射出」などの採用で再現性の高い成形を実現する。
 「TR220EH3」が販売価格(税別)1850万円から。初年度30台の生産計画。「同300EH3」は2160万円から、同20台の計画。