News

ベッセル、ボールラチェットドライバー

メーカー名商品名
ベッセルボールラチェットドライバー

手首の反復動作でネジ締め

6301

 ベッセル(大阪市東成区)は、手首の反復動作だけでネジ締めができる「ボールラチェットドライバー」を発売した。端子台や分電盤内などでの作業を想定し、ショート事故防止の軸カバーが付いている。
 軸径6mmのスリム設計が特徴的なドライバーは、1984年発売のロングセラー品であるボールグリップドライバーをベースとした。サックに差し込みやすく、スムーズに取り出せる。36枚ギアのラチェットは、細かな送りで「快適作業を実現した」ほか、テーパー部を回すことで早送りができる。
 ラチェット部は、金属部を露出させない安全構造。左右の回転方向の切り替えだけでなく固定もできるので、電工ドライバーとしても使える。刃先が摩耗したり、欠けたりした場合、ボール部を引き抜くだけで替軸と交換できる。