News

薮内産業、イオンクリーンボックスから開口300mm

メーカー名商品名
薮内産業イオンクリーンボックス「SEシリーズ」

ワークに応じたカスタマイズも

6305

 薮内産業(大阪市大正区)は、YHK INDUSTRYブランドで展開中のイオンクリーンボックス「SEシリーズ」に、開口寸法300mmタイプを加えた。
 シリーズ共通の特徴は、樹脂成型品などについた静電気とホコリを強力に除去し、再付着を防げること。ワーク投入後、センサーが感知して除去から回収、クリーン化まで自動で完了する。周辺に粉塵を飛散させる心配がなく、メンテナンスも簡単なことから、2007年の発売以降、電子デバイス、樹脂成型、食品関係などの分野で実績を重ねてきた。
 今回発売した開口寸法300mmタイプは、「片手で持てる少し大きめのワークに使いたいとの要望を受けて製品化した」(薮内敬三社長)。パルス機能を標準装備。無負荷時の集塵能力を毎分7.76立方mまで引き上げた。
 ワークの形状に対応したカスタマイズにも対応する。これまでにSEシリーズを納入した例として、▽イオナイザ2ヘッド特殊仕様▽エアーカーテン仕様▽スイングブロー取付▽トランスユニット別置▽集塵装置付タイプ―などがある。薮内社長は、「商談展示会から新規開拓につながるケースが増えている。デモ機を通じて最適な仕様を提案していきたい」としている。