News

CKDが「パワフルアーム」

メーカー名商品名
CKDパワフルアーム「PFB2シリーズ」

ヒューマンアシスト、コンパクトで広く可動

6314

 CKD(梶本一典社長)は、パワフルアーム「PFB2シリーズ」を開発、昨秋から販売活動に入っている。
 各種仕様により10~70キロクラスの部品類を持ち上げたり、移動・移載し、労働者を「軽やかに力強くサポートする」(同社)。現場労働者の腰痛対策としても好適だ。単軸~多軸仕様まで、スカラー軸の有無など含め自由で幅広い組み合わせを可能にし、使用者は用途に応じ最適な仕様を選べる。
 商品化にあたっては、従来のアシスト装置との差別化を徹底した。
 まず多軸仕様においても折りたたんでコンパクトに格納できる。またアーム式でありがちな天井への干渉が起きにくく、ベルト式のような操作のしにくさも無くした。重心位置が操作する人に近いため「操作性の良さも大きな特徴。関節部につけたハンドルでの操作でラクに動かせる」(同社)。
 スカラー軸を利用したより広い可動範囲や、空圧シリンダの採用による軽量化と剛性向上の両立もポイント。
 アームの太さは3種、チューブ内径で63mm、80mm、100mmを揃える。