News

ヤマゼンロジス賀詞会、物流の効率化や付加価値化を推進

 ヤマゼンロジスティクス(山端正信社長)は1月6日、ホテル日航大阪で2016新春賀詞交歓会を開催した。山善関連の物流事業者と山善各事業部等を含め計56名が参加し、活発な情報交換を行いつつ親交を深めた。
 開会のあいさつで山端社長は、「昨年のロジス名古屋移転をはじめ、山善グループでは物流業務の付加価値化・最適化に向けた改革を着々と進めている。今後の改革においても個々の事業者様の強み、ノウハウをぜひ積極提案頂き、物流改革の成功と各社の飛躍を導き出したい」と話した。
 乾杯の発声は、中部日立物流サービス東海営業部の山本和好部長。「当社に任せてよかったと評価頂けるよう、基本に忠実に、日々改善を進めてロジス名古屋の安定稼働をさらに確かなものにしつつ、その一方で、個々人が新たな挑戦を進めていく」と話した後、共々の飛躍を誓って乾杯。和やかな歓談の時間に移った。会の中盤では出席者や山善各事業部の自己紹介など、相互理解を深めるワンシーンも。三菱電機ロジスティクス中部支店営業部の山本文輝部長の中締めを経て閉会した。