News

IHI、物流設備向けクラウド型設備保守支援サービスを開始

IoT・ビッグデータを活用、予防保全で、稼働率を向上

 IHIの子会社で物流システムおよびFAシステムなどを製造・販売するIHI物流産業システム(ILM)はこのほど、IHIグループで物流設備向けに開発したIoT・ビッグデータを活用したクラウド型設備保守支援サービスの提供を開始したと発表した。
 同サービスは、故障予測による予防保全の実施により設備の稼働率を向上するとともに、計画外停止による突発的な費用の発生を抑制するという。また、ポータルサイト(顧客専用ホームページ)を通じて、様々な情報を全国16カ所のサービスセンターと共有することで、迅速な対応が可能になるという。
 自動倉庫や工場のFAシステム等の物流設備は、運用時に得られるデータが限られているため予防保全が難しいのが現状。ILMでは従来、独自のシステムを用いて、リモート監視のみを行うサービスを提供していたが、今回、リモート監視システムをリニューアルするとともに、故障予兆検知のための分析システムを開発して機能を追加した。
 新規導入の分析システムでは、遠隔モニタリングシステムの「ILIPS」で取得した各種センサからの異常や稼働履歴、報告書、メンテナンス履歴などを分析することで、「異常や劣化を自動判定し、故障予測を行うことを可能にした」(同社)という。
 故障予測結果により、故障が発生する前に予防保全を行うことで,稼働中の設備の計画外停止を低減することを可能としたほか、計画外停止を低減することで、突発的な費用の発生を抑制し、稼働率向上、計画的な部品管理も可能になるという。
 また、コミュニケーション機能として、(1)スケジュール(2)伝言板(3)FAQ(4)オンラインマニュアル―などの機能を提供することで、軽微なトラブルは顧客自身で対応できるため、復旧時間を短縮できるとしている。