News

「学歴詐称」茶飯事、就職戦線イタチごっこ

 就職戦線での“学歴詐称„が日常茶飯事というから、いかにも中国らしい話。聴講生が「卒業生」に、実習未経験が「体験豊富」と堂々たるものだが、採用側も学生データの精査は時間とコストがかかるため、調査をほとんど行わない。電話などの照会では正確な情報が得られると限らないからだという。学生側も詐称がばれても「次の会社がある」とうそぶく。ある調査によるとニセ学歴は5通に1、2通というから呆れる。