News

三菱マテリアル、超硬エンドミルシリーズにスクエア形

メーカー名商品名
三菱マテリアル超硬エンドミル「MS plusエンドミルシリーズ」

不等リードで長い突出しに有効

6459

 三菱マテリアル(加工事業カンパニー=東京都墨田区横網1-6-1、TEL.03-5819-8770)は一般鋼から50HRC程度までの高硬度鋼の金型材・部品の加工で安定した耐摩耗性を発揮する超硬エンドミル「MS plusエンドミルシリーズ」に、ステンレス鋼や炭素鋼などの部品加工を高能率化するスクエアエンドミル「MPMHV」(刃径1-13mmの17型番)、「MPJHV」(1-12mmの19型番)を追加し、1月15日に発売した。
 異なるねじれ角による不等リード形状はびびり振動を抑制し、突出しの長い加工が可能。セミロング刃長の「MPJHV」は縦壁の仕上げ加工に向き、ミドル刃長の「MPMHV」は刃長と全長を従来品より長くしたことで汎用性が高い。標準価格4240-2万4900円。