News

マックス、外国語入力に対応したラベルプリンター

メーカー名商品名
マックスフリーカットラベルプリンター「CPM-100シリーズ」

シンボルマークなど多数追加

6483

 マックス(東京都中央区日本橋箱崎町6-6、TEL.03-3669-8115)はラベルや表示物を必要なときに必要な枚数だけ手軽に作成できる「ビーポップシリーズ」から、外国語入力など付属の専用PC編集ソフトを機能アップしたフリーカットラベルプリンター「CPM-100シリーズ」2機種を1月5日に発売した。同時に定型カットの「PM-100W」も発売。
 国際的な文字コード規格「Unicode」に対応し、案内表示などに必要なシンボルマークやイラストを多数追加。外国人労働者向けの多言語表示や輸出用の製品表示、また2020年東京五輪に向けて外国語に対応した表示の需要が高まっていることに応えた。最大作画範囲100×2000㎜。税別の希望小売価格13万8000-32万4000円。