News

スガツネ工業、大阪の物流センター本格稼働

 家具・建築金物、産業機器用部品の総合メーカー、スガツネ工業(東京都千代田区、菅佐原純社長)が昨年開設した同社で2番目の物流センター「スガツネ工業 物流WEST」(大阪府茨木市、地上4階建、延床面積3400平方m)が1月29日から本格稼働した。これにより西日本エリアへ翌日配達できる範囲が拡大する。これまで国内外の取引先・販売店への出荷は千葉・山武市にあるセンターが一手に担い、西日本エリアへの配送は納品まで2日かかることがあった。
 物流WESTは名神高速道路茨木インターチェンジから約350㍍の距離に立地。同社は「商品在庫の充実を図るとともに、一方が被災しても他方で代替できる物流体制づくりを進める」としている。