News

山 善 「くらしのeショップ」、楽天SOYで9年連続受賞

メーカー系で初の総合10位に

6506

 山善家庭機器事業部(麻生太一事業部長)が運営する家庭用品総合サイト「くらしのeショップ楽天店」が、約4万店以上が出店する日本最大級のインターネットショッピングモール・楽天市場の「ショップ・オブ・ザ・イヤー(通称SOY)2015」において、総合順位・第10位に選出された。
 メーカー系のショップとしては、同賞初の総合10位以内入賞。さらに「百貨店・総合通販・ギフトジャンル大賞」と、サービス賞の一つ「ソーシャル賞」にも選出され、2007年の初受賞から数えて9年連続でのSOY受賞となった。
 山善家庭機器事業部eビジネス部の尾崎友章部長は受賞について、「今年度は徹底して顧客対応スピードの向上を図ってきた。受注当日に発送できる業務フローを強化し、『お客様にとってストレスフリーな環境を作ろう』と努力してきたことが高評価につながったとみている」と話す。特に好評だった商品としては、主婦からのアイデアをもとにラインナップを拡充した収納ボックス「オープンボックス」を挙げた。
 くらしのeショップの今期の売上高予想は60億円。「中期的に100億円突破を目指しており、SOYでは10年連続受賞を狙う」(尾崎部長)という。
 今後の通販事業の展開としては、「2月下旬には新たな大型物流倉庫が稼動を迎え、更に宅配の対応スピード改善を図ることが可能になる。その一方で、お客様からのご意見により一層耳を傾けてくらしのeショップ独自の商品開発を拡大していく」(同)という。