News

1%の1300万人、増える無戸籍の中国人

 無戸籍者が中国で増え続け、全人口の1%1300万人に上っている。約6割は「一人っ子政策」によるものとみられている。2人目以上には罰金を支払わなければ戸籍を取得できなかったためだ。戸籍がないと、「実名制」が導入されている航空機や高速鉄道に乗ることができないほか、公立幼稚園に入ることも無理。基本的人権や社会の公正性をいかに保護、確保していくか、この国の抱える人口問題は底深い穴倉のようだ。