News

東北3省などで増加、北朝鮮労働者で外貨収入

 「国境の町」である中国遼寧省の丹東市などで、北朝鮮から大量の労働者が流入している。同省を含む東北3省では、多くの働き手が高賃金を求めて広東省などの他省へ移動。北朝鮮から流入したこれらの“新戦力”が人手不足を補う格好となっている。これまで流入した正規労働者は3〜4万人、非正規労働者を含めると10万人に達するとされる。北朝鮮側のメリットは、国内の余剰人員の受け皿になることが挙げられる。