News

外資企業が寄与、増える中国への直接投資

 中国経済の発展に海外企業の果たす役割は大きくなるばかり。現地メディアによると、中国国内の外資系企業は2015年末で83万社を超えた。その中国経済に対する寄与率は、対外貿易で50%、鉱工業生産25%、税収20%、都市部雇用14%となる。景気減速に対する懸念が広がる中でも、海外企業の進出意欲は根強いようで、昨年は海外直接投資(FDI)の受入額、外資系企業の設立数がそろって前年比で増加した。