トピックス

東日製作所、単能形トルクレンチ212製品を改良

tonichi 東日製作所(東京都大田区、辻修社長)は簡単で確実なトルク調整が行えるよう単能形トルクレンチ7シリーズ(212製品)を一気にモデルチェンジした。2月1日に販売を始め、変更に伴う価格変更はない。
 今回の改良により、トルク調整はグリップエンドのキャップを外さなくても行える。またプリロック機構により、従来行っていた「スラストリングネジの締め付け」が不要に。同社は「締付けトルク値の変更や校正後の再調整において作業工数の低減と確実なトルク調整を実現した」としている。モデルチェンジに伴い全長は若干短くなった。

(写真=トルク調整はグリップエンドに工具(No.930またはNo.931)を差し込んで回すだけ)