News

京セラ、住宅用太陽光発電システム「RoofleX」

メーカー名商品名
京セラRoofleX(ルーフレックス)

同一屋根の搭載容量、最大3割増に

6737

 京セラ(山口悟郎社長)は、国内住宅用太陽光発電システムの新製品として、同一屋根における搭載容量を従来品比最大約30%向上させた「RoofleX(ルーフレックス)」(=写真)を4月より順次発売する。
 新開発の「ForZ(フォーズ)」技術を採用し、セル変換効率の向上を実現した。同技術はセル内部で失われていた一部の電荷を取り出し、効率的に電気に変換するものだ。また、モジュールの出力、変換効率の向上を図るために、太陽光の反射を抑える低反射ガラスを採用したほか、セルとガラスの間に独自開発の特殊封止材を充填することで、従来利用できなかった短波長の光を電気に変換する。さらに、セルとセルとの間をつなぐ電極の幅を従来より広くすることで、電気抵抗を抑え、通電時のロスを低減する。
 これらの技術を組み合わせることで、RoofleXのセル変換効率は従来品比1.0ポイント向上の19.8%を実現し、モジュール変換効率では同1.2ポイント向上の17.8%となった。さらに業界最多となる7種類のモジュールによって限られた屋根スペースを効率活用でき、屋根全体での発電量の向上を実現した。1モジュール当たりの希望小売価格(税別)は5万6640円(公称最大出力83W)~17万6800円(同260W)。