News

ヤマザキマザック、三重県いなべ市で大型機生産へ

2019年度に全面稼動

6757

 ヤマザキマザック(愛知県大口町)は、三重県いなべ市に大型工作機械と5軸加工機向けの新工場を建設する。総投資額は約200億円。2019年度中の全面稼動を予定している。
 「いなべ製作所」は、工作機械の大型化のニーズに対応した生産拠点として、物流の最適化や自動化などで生産性の5割向上を図る。16年度中に建設着工。今後3~4年かけて段階的に稼動させ、桑名市にあるヤマザキマザック精工から生産機能を移管する計画だ。
 延床面積5万6千平方㍍の最先端工場として、大口工場と米国工場で先行して現在進めている、IoTと自動化を組み合わせた「iSMART Factory」を実践する。