News

クリナップ、生産拠点・顧客接点を充実

6770

 クリナップは2月18日に津山工場(岡山県津山市、延床面積9100平方㍍、2013年操業)で新プレスラインを完成させた一方で、ショールーム(SR)の刷新も進めている。5年前の東日本大震災で福島県いわき市の生産拠点が1カ月間操業停止となったことを受け、BCPの観点から生産の2拠点化と、全国の顧客接点の強化・ブランディング向上を図ってきた。
 大型プレス設備とロボットを導入した津山工場では、これまでのシステムキッチンのステンレス製カウンタートップに加え、シンクを成形加工できる体制を整えた。部材から完成品にいたる一貫生産が可能になる。稼働は今夏から。
 顧客接点の場として3月11日に八代SR(熊本県)を新設し、今月中に佐世保SR(長崎県)、松江SR(島根県)、秋田SR(秋田県)、浜松SR(静岡県)を移転・改装する。この4年間で57カ所のリニューアルを終え、全国拠点の6割を刷新。「全国102カ所のSRを通じ、キッチンを中心とした心豊かな食・住文化をお伝えする」としている。