News

百年間で最悪、メコンデルタの干ばつ

 南部メコンデルタが過去100年間で最悪の干ばつと塩害に見舞われ、ベトナム政府は緊急対策中。農業省によれば、昨年はエルニーニョ現象の影響で雨期が短く、流域の降水量が平年より20〜50%減少し、メコン川上流の水量は90年間で最低水準に落ちた。現在、冬春作のうち34万ha近くが干ばつと塩害の危機に直面し、そのうち数万haが枯死するなど、10万4000haで被害が深刻化。