News

ヤマザキマザック、国内で高圧クーラント提案

メーカー名商品名
ヤマザキマザック高圧スルークーラントシステム「SUPERFLOW V30C-J」

最大7MPaのシステム発売

6829

 ヤマザキマザック(愛知県大口町)は、高圧スルークーラントシステム「SUPERFLOW V30C-J」を発売した。生産性を飛躍的に向上させる提案として米国法人マザックコーポレーションが開発。北米地区ですでに3千台以上の納入実績がある。
 高圧スルークーラントは、工具の加工点にクーラントを当てることで切削中に発生する熱を分散する方法。刃先摩耗の抑制、切削速度の向上に加えて、切りくずの分断で工具折損や機械停止を防ぐ効果がある。同社によると、「航空機産業や医療産業などで使用される難削材加工では、生産性の向上と工具寿命の延長に大きな効果が実証されている」という。
 日本国内で生産・販売するシステムは、社内設備としても導入済み。自社開発の専用インターフェースを備え、工作機械本体とスムーズな連携を可能にした。流量は毎分30リットル。Mコードでクーラント圧力を0~7MPaに設定・制御し、高圧クーラントの効果を最大限に発揮する。
 ダイヤフラム式ポンプの採用で省エネ性を高める一方、内部へのスラッジ混入による劣化を抑えた。高いろ過性能(約10マイクロm)のサイクロン式フィルタを使い、フィルタ交換などのわずらわしい保全作業を大幅に低減した。関連ソフトウェアの利用で、クーラント圧力の監視や保守診断が可能だ。販売価格は税別226万8千円から。