News

ボッシュが電池式ドライバードリル

メーカー名商品名
ボッシュバッテリードライバードリル

アダプター4種、多様な作業

6835

 ボッシュ(東京都渋谷区)が新世代のプロ用バッテリードライバードリル(GSR18V-ECFC2型)を去る2月から販売している。
 独自のフレキシクリックシステムを使って、ドリル先端に各種アダプターを迅速に装着・交換できるようにしたのが特長。この機構から1台で様々な作業に対応する。
 装着できるアダプターは標準で2種、別売も含めば計4種。アダプター無しの状態で六角対辺6.35mm、溝位置9mmのドライバービットが使用可能なほか、標準2種のアダプター(SDSプラスハンマードリルアダプター、キーレスチャックアダプター)を使ってコンクリートや鉄工、木工の穴あけなどの作業をこなせる。特にSDSプラスハンマードリルアダプターは世界で初めてアダプター内に打撃機構を内蔵させたもので、最大径10mmまでのコンクリートの穴あけが可能だ。
 加えて別売り2種のアダプターにより、狭所での作業、最小11mmのスミヨセ作業等が可能。1台で最大5役をこなす格好。
 高効率ブラシレスモーターやバッテリーを保護するECP機能、独自の熱拡散技術からなる5.0Ahバッテリーなど基本性能も重視した。同社では「プロ用バッテリー工具として最高レベルの性能と、使いやすさを両立させた」としている。
 標準価格(税別)は、本体とバッテリー2個、充電器、キャリングケース、アダプター2種を含むGSR18V-ECFC2型で9万円。バッテリーと充電器を別売りにしたタイプ(同ECFC2H型)だと同5万円。