News

安川電機、自社の歴史館を開所

6937

 安川電機(津田純嗣社長)は、1954年に竣工した旧本社事務所の講堂を改修し、このほど北九州市八幡西区の本社敷地内に「安川電機歴史館」を開所した。4月1日から一般公開する。
 旧本社事務所の講堂は、旧帝国ホテルの設計に携わったチェコ出身の建築家で、日本人建築家に広く影響を与えたアントニン・レーモンド氏の設計による歴史的建造物として知られていた。その建物を保存・活用し、安川歴史館として開所した。同社のモノづくりの原点であるモーターの第一号機(1917年)や、国内初の全電気式産業用ロボット(1977年受注第一号機)などを展示するとともに、草創期を支えた安川家の功績を紹介する。「創業時からの安川電機のものづくりのへの志を来場者に触れていただくだけでなく、当社従業員にも伝え、承継していく」(同社)考えだ。
 同社は昨年、創立100周年を迎え、本社敷地内に「安川電機みらい館」、「YASKAWAの森」、「本社棟」などからなるロボット村をオープンしていた。安川電機歴史館の開所により、ロボット村オープン時から一般開放している「YASKAWAの森」は約1万5000平方mとこれまでの約1.5倍に広がる。