News

ダイキン工業、空気感を9色で分かりやすく表現

梅田に「大ぴちょんくん」の看板

6955

 ダイキン工業は、温度と湿度に基づいて空気の快適性を分かりやすく判定する「ダイキン空気感インフォメーション」を開発した。
 温かさと冷たさをあらわす国際規格の指標PMV(Predicted Mean Vote)を応用し、温度と湿度から空気の快適性を判定するもの。PMVは、同社のルームエアコンの開発においても活用しており、温度、湿度、風の強さ、熱放射、代謝量、着衣量に基づいて算出される「ダイキン空気感インフォメーション」は、PMVを判定する要素のうち、温度と湿度は実際の測定値を利用。風の強さ、代謝量、着衣量は、季節や場所ごとのそれぞれの条件における代表値を利用して空気感を9つに分類する。
 大阪・梅田の屋外看板では、空気感インフォメーションに基づいた表示を開始する。3月から「大ぴちょんくん」を使ったフルカラーLEDの大型看板にリニューアルしており、大阪・梅田のその日、その時の空気感を9色の「空気(きゅう)色(しょく)ぴちょんくん」と擬音語(からから、じりじり、さらさらなど)で表現(3月16日から点灯開始)。街を行きかう人に情報を伝え、空気への興味を促す。