News

村田機械、ファイバーレーザ加工機 「LS3015FC」

メーカー名商品名
村田機械ファイバーレーザ加工機「LS3015FC」

高出力タイプを追加、高速かつ高品質に

7036

 村田機械(村田大介社長)工作機械事業部は、ファイバーレーザ加工機「LS3015FC」のラインアップを拡充。従来の2・5kW出力機に加え、4kW、5kWの高出力タイプを3月14日に発売した。
 LS3015FCは、3軸リニアドライブにより毎分最大340m(X/Y同時2軸)の高速移動が可能。独自開発のレーザ出力制御システムにより、微細加工や複雑形状にも対応できる人気機種だ。
 一般に加工速度と加工品質はトレードオフの関係にあるが、今回の高出力タイプ追加により、(1)加工品質はそのままで高速加工が可能になり生産性向上が図れる、(2)より綺麗な切断面やドロス低減など、より高品質な加工が可能になる、(3)より厚い素材の加工が可能になる―など、ユーザーの課題に合わせた選択が可能になった。
 本体価格(税込)は1億3700万円(5kW)、販売目標は2機種合わせて月間5台。