News

モトユキ、CBNベルトで黒皮除去

メーカー名商品名
モトユキローラーサンダー「High Roller」

仕上研磨まで対応するサンダー

7183

 モトユキ(大阪府堺市)は、鋼板・形鋼の黒皮除去から仕上研磨まで対応するローラーサンダー「High Roller」をこのほど発売した。仕上相当番手や材質を変えた研磨ベルトを3種類用意。商談展示会の実演や動画を通じて「圧倒的な研削力」をアピールする。
 作業効率を上げるために、加工物の形状に対して研磨ベルトが馴染むように設計した。ベルト幅を60mmのワイドタイプにすることで研削・研磨精度を高めている。無負荷回転速度は毎分4300回転。軽量樹脂ボディを採用し、強度を保ちながら軽さを追求した。
 「大きなウリのひとつ」が通常付属品のCBNスケールベルト(仕上相当番手P60)で、強固な黒皮の除去に最適という。そのほかにも、別売として、CBN以外に、メッキ・錆・塗装向けの研磨布ベルト(P60)、表面仕上用の不織布ベルト(P100~120)を取り揃えた。アイドルローラがスライドする構造になっており、「ベルトの脱着も素早くできる」とする。重研削・研磨用の別売部品として「ゴムコンタクトローラー」がある。