News

サンドビックコロマント、外径・端面用工具8コーナに

メーカー名商品名
サンドビックコロマント旋削工具「コロターン300」

2方向からクーラント供給

7186

 サンドビックコロマント(名古屋市名東区)は、8コーナ仕様の外径・端面加工用旋削工具「コロターン300」を開発した。高い安定性と繰り返し精度をもった独自のチップ固定技術を採用。チップブレーカ形状と材種を2種類ずつ用意した。
 鋼、鋳鉄加工の生産性向上を目的に製品化した。チップは、多軸プレス技術で製造した独自形状を採用。従来のISOネガチップに相当する刃先形状ながら、8コーナ仕様を可能にした。ホルダもチップに合わせて新たに設計。優れたクランプ剛性と精度を実現した。
 クーラントは、チップすくい面と逃げ面の2方向にピンポイントに供給することで、刃先を効果的に冷却・潤滑し、チップ寿命の安定化を図った。同社の加工概念、チップクランプ、クーラント供給などの最新技術を融合させた工具として、今後も引き続き品目を拡充させる予定だ。