News

住友電気工業、隅削カッタに小径追加

メーカー名商品名
住友電気工業SEC−ウェーブミルWEX1000型

低切込・高能率向け

7192

 住友電気工業(兵庫県伊丹市)は、刃先交換式隅削りカッタに低切込み・高能率加工向け「SEC-ウェーブミルWEX1000型」を追加した。φ10~63mmまでラインアップを拡充することで、これまで刃先交換式工具で対応できなかった加工径や用途にも対応可能とする。
 新たに加わったのは小径サイズの刃先交換インサート63型番(7材質)とカッタボディ17型番。カッタボディは、シェルタイプのほか、エンドミルから標準タイプとロングタイプを用意した。従来品比2倍以上の多刃設計で高能率加工が可能に。切れ刃の最適化で「優れた加工面品位を実現する」としている。
 標準価格(税抜)は、インサート800円、カッタボディ2万2500円~9万円。初年度の年間売上として9千万円を見込んでいる。