News

三菱マテリアル、鋼旋削用CVDコーテッド超硬材種

メーカー名商品名
三菱マテリアルCVDコーテッド超硬材種「MC6035」

耐摩耗・欠損性のバランスを確保

7210

 三菱マテリアル(加工事業カンパニー=東京都墨田区横網1-6-1、TEL. 03-5819-8770)は鋼旋削加工用のCVDコーテッド超硬材種「MC6035」(ネガインサート166型番)を4月1日に発売した。断続切削など不安定な条件や、炭素鋼や合金鋼の低中速切削領域での耐欠損性に優れる。
 コーティング層の残留応力を緩和する新技術により、断続切削時の衝撃を分散させ、突発欠損を抑制。低中速切削領域で耐摩耗性に優れるTiCNを厚膜繊維状とすることで、耐摩耗性と耐欠損性のバランスを確保した。発売済みの高速領域用「MC6015」、汎用性の高い「MC6025」を含めMC6000シリーズで様々な鋼旋削に対応する。標準価格は税込918円から。