News

コロナ、高効率暖房専用ボイラー「エコフィール」

メーカー名商品名
コロナ高効率暖房専用ボイラー「エコフィール」

高出力4機種を追加

7216

 コロナ(小林一芳社長)は、排ガスの熱を回収・再利用する潜熱回収型の高効率暖房専用ボイラー「エコフィール」に、暖房出力を高めた17.4キロワット及び23.5キロワットの各2機種、計4機種を新規ラインアップすると発表した。今年9月の発売予定。
 従来の11.6キロワット2機種とあわせ、6機種のシリーズになる。暖房効率92%を達成しており、同社現行のボイラーと比較すると、温水暖房にかかる灯油使用量は、年間234リットルを節約できる(北海道地区、4人家族、家屋の延床面積165平方mでの試算)という。およそ灯油代金は年間で1万8000円低減できる計算。CO2排出量を約11%削減する。
 各出力クラスのエコフィールは、屋内設置タイプ(FF)と屋外設置タイプ(M)の2つのモデルからなり、両モデルとも半密閉式の温水配管システムに対応。さらにオプションの部材を用いて密閉配管システムにも対応できる。
 省エネ性能に加え、使いやすい新リモコンを高機能タイプとシンプルタイプの2つから選べる点、低騒音を実現したことも特長。屋内設置FFタイプは、給排気筒の取り付けが簡単にできる構造で、様々な入れ替えシーンに対応できる。
 新規4機種の本体希望小売価格(税別)は34万円~37万3000円。