News

「数年で敗北も」台湾の機械輸出に韓国の影

 台湾で工作機械の輸出が数年で韓国に抜かれる危機感が拡がっている。韓国は米国や欧州連合(EU)など45カ国との自由貿易協定(FTA)でゼロ関税の恩恵を受け、台湾との差を縮めているためだ。昨年の輸出額は台湾が35億4000万米ドル(世界4位)で韓国の22億1000万米ドル(同7位)を上回ったが、対米輸出は前年比24.5%減。対ドイツ、インド向けも同様で、いずれも初めて韓国に抜かれた。