News

病院など112億円、ミャンマーに無償供与

 ミャンマーの総合病院の整備や橋の架け替え工事などに、日本政府は111億7300万円を無償供与する。うち34億5500万円はカヤー州ロイコーとシャン州のラーショー総合病院の建て替えや医療機材整備に。また総額77億2300万円を上限に、ヤンゴン・パズンダウン川のタケタ橋架け替え工事に42億1600万円、教員養成校の整備25億2000万円、地方村落の電力整備に9億9400万円を供与する。