News

NTTスマイル、太陽光発電分を供給する電力プラン

 NTTスマイルエナジー(大阪市、谷口裕昭社長)は4月13日、太陽光発電の遠隔モニタリングサービス「エコめがね」のオーナー向けに昼間(午前8時から午後4時)の時間帯にFIT電気(太陽光)100%で供給する電力プラン「太陽のでんき」を5月中旬から沖縄と一部離島を除く地域で提供すると発表した。同社と新電力最大手のエネットが共同でつくりあげた電気プランとして、全国の販売パートナーを通じて供給する。
 同社とエネットは全国8千カ所の小規模太陽光発電設備から計27万キロワットのFIT電気を調達している。谷口社長は「調達先が日本全国に分散していることで、どこかの地域の天候が不安定でも安定してFIT電気をお届けできる」とし、売電量に応じて電気代の支払いに使えるポイントも付与する。今年度中に1万件への供給を目指す。