News

倍増400万人、ベトナムの糖尿病患者

 豊かになったベトナムで、糖尿病患者が過去10年間で倍増、400万人を超えた。これは人口の5.4%に相当。食生活の変化や生活習慣の乱れが主な原因で、特に2型糖尿病は40歳前後で発症するケースが多く、最近では低年齢化も進み10歳の患者も珍しくない。都市部より地方が多く、最多は南部一帯だという。医療専門家は「ファストフードや炭酸飲料の消費拡大に加え、運動不足などが主な原因」と指摘している。