News

ヤマトグローバル、中国EC進出の日本企業を支援

 ヤマトホールディングス傘下で国際物流サービスを提供するヤマトグローバルロジスティクスジャパン(東京都中央区)は、中国BtoCオンライン直販最大手の京東商城(北京市)とFRANK(深セン市)と連携し、日本企業の中国EC業界への進出をサポートする。
 京東集団傘下の越境ECモール「京東全球購」での日本企業の出店・出品のサポートおよびヤマトチャイナダイレクトによる注文から配達まで最短4日のスピード輸送サービスを5月上旬から提供する。利用企業は初期費用、輸送費などで優遇プランが受けられる。
 海外からの来日旅行客は2千万人に達するほど年々増加しており、その多くはショッピング目的で日本製品の人気が高まっている。ヤマトグローバルは「帰国後も日本製品を購入したいというニーズが高まっており、中国においても日本製品を取り扱う小売店やEC事業者が増えていることから、今後もこの流れは加速する」と見る。