News

トヨタ、インドネシア新エンジン工場が生産開始

主要工程を集約し、コンパクトで需要変動対応

 トヨタ自動車のインドネシアでの車両生産会社「TMMIN(PT. Toyota Motor Manufacturing Indonesia)」は新エンジン工場を建設し、2月に生産開始した。
 同工場は、西ジャワ州カラワン市に位置し、生産能力は年産21万6000基、投資額は約2兆3000億ルピア(約205億円)、約400名を新規に雇用した。新工場では、排気量1・3㍑および1・5㍑のNRエンジンを生産し、一部は輸出する。
 トヨタは「量を求めた工場づくり」から発想を大きく転換し、「競争力のある新しい工場づくり」に取り組んでいる。
 インドネシア新エンジン工場でも、「シンプル&スリム」「フレキシブル」をキーワードに、日本の工場で導入を進めている革新的生産技術を織り込むと同時に、安全で環境に優しい工場づくりを推進。その結果、「トヨタとして初めて、エンジン工場の主要工程である鋳造・機械加工・組み付けを一つの建屋に集約し、コンパクトで需要変動に強い工場が完成した」(同社)としている。
 従来、鋳造工程は大型設備と広範な作業スペースが必要で、工程で発生するヤニ・チリ・熱が、後工程の機械加工・組み付けに悪影響を及ぼすため、鋳造工程とそれ以外の工程を、別々の建屋に設置していたという。
 同社によると、「今回、設備小型化と作業工程の削減、ヤニ・チリ・熱が後工程に及ぼす影響の最小化を進めた結果、鋳造工程と他の工程を一つの建屋に集約できた」と説明。工場設備の初期投資部分も、2008年と比較し約40%低減を達成。「中間在庫を持たないリーンなエンジン生産体制を実現した」(同社)としている。
 なお、トヨタがではTMMINを、車両やエンジンの生産・供給拠点として位置付けており、カラワン新エンジン工場には、新たな生産技術を導入している。