News

重金属汚染の脅威、中国4000万人分の穀物

 中国では約330万ヘクタールの耕地が汚染——「土地整理白書」の報告である。安全基準をはるかに超えた重金属や有機物の汚染と指摘されたのは、大都市の周辺や交通幹線沿いや河川沿岸の耕地など。このため国民4000万人の年間消費量に相当する1200万トンの穀物が毎年、重金属などに汚染されている。また1億3200万ヘクタールの土地で塩化・砂漠化が進行し、流失面積は拡大するばかりだという。