News

ナカトミ、シーリングファンとエアーカーテン

メーカー名商品名
ナカトミシーリングファンとエアーカーテン

設置しやすいシーリングファンとエアーカーテン

7327

 産業機器・冷暖房機器メーカーのナカトミ(長野県上高井郡、河本哲社長)は工場や倉庫向けに循環扇「シーリングファンNCFシリーズ」(3機種・6アイテム)と気流で冷暖気を遮断する「エアーカーテンN−ACシリーズ」(3機種)を5月に発売した。両製品とも専用金具を用意するなどして設置しやすくしたことと価格を大幅に抑えたことが特長だ。
 シーリングファンは風量を5段階に調節できるDC(直流)モーター採用の1機種(直径213および162㌢のアルミ羽根)とAC(交流)モーター採用の2機種(スチールおよびステンレス羽根、直径はともに140および90㌢)で構成。H鋼に穴をあけずに挟み込んで取り付けられる「吊り下げ保持具」をオプションで用意した。同社は「H鋼に穴をあけると建物の強度が落ちるため天吊タイプの後づけには手間がかかった」と言う。本体のユーザー価格は、より省エネに優れるDCモータータイプで10万円以下に抑えた。
 送風幅450、750、1200mmの3機種を揃えたエアーカーテンは、組み合わせることで様々なドア寸法に合わせられ、ホコリ、臭い、虫の侵入対策にも有効という。壁および天井に標準で取り付けられ、また電源コードと強・弱2段階切替スイッチを本体に付けたことで簡単に設置できる。本体価格は機能を絞ったことで2~3万円に抑えた。

(写真=エアカーテンN1200-AC(幅1210×奥行185mm×高さ220mm)