News

アマダミヤチ、最高輝度のYAGレーザ

メーカー名商品名
アマダミヤチコンパクトYAGレーザ溶接機「ML−2553C」

スキャナーで多点溶接可能に

7331

 アマダミヤチ(神奈川県伊勢原市)は、最大定格出力200WのコンパクトYAGレーザ溶接機「ML−2553C」を発売した。精密な溶接が要求されるエレクトロニクス分野を中心に、自動車電装部品、コネクター端子、電池タブ、金属ケース向けの需要を見込んでいる。
 新機種はシリーズ(出力0.2~600W)の中でも最高輝度のマシンとして集光性能を高めた。200W出力ながら、150W出力のYAGレーザ溶接機と同等の集光径を実現。輝度を約2倍高くすることで精密・高品質な加工を可能にした。
 レーザーパワーをリアルタイムでフィードバックし、設定波形を再現する機能を搭載。コントローラーにはカラー液晶タッチパネルを搭載したほか、プログラムユニット(有線=オプション)の使用で遠隔操作ができる。
 オプションのスキャナーを使った溶接では、小スポット径のまま加工エリアを拡大し、さらに焦点距離を長くとることができる。広い加工エリアを確保しながら、多くの溶接部を加工する「多点溶接」で生産性を高めた。同社では、「長焦点の特長は、加工部との距離を大きくとること。加工部周辺の治具配置余裕度の向上に貢献できる」点もアピールする。